第2回 世界の建築『ガウディさん』
2015/03/26

 こんにちは、アミリです。

 

第2回 世界の建築 やりますよー^^

前回は世界のお城についてありましたね!

今回はスペインを代表するアントニオ・ガウディさんとその代表建築について紹介しますよ~\(^o^)/

ガウディ

こちらがアントニオ・ガウディ(1852-1926)さんです。

この人は、現在もスペインのカタルーニャ州バルセロナ市に建設中のサクラダ・ファミリアという教会を設計した有名な建築家さんです。

このほかにも、グエル公園やカサ・ミラなど様々な建物を設計しました!

(いっぱいあるので詳しくはググって下さい)^o^()

 

そして数ある作品のもっとも有名なサクラダファミリアを紹介します!

sakurada

教会というだけあって聖書のお話や神様をモチーフにした彫刻が多数彫られているのがわかりますね!圧巻の彫刻がお出迎えしてくれたかと思えば中は日差しが差し込む閑静な森をイメージして作られています!

サクラダ・ファミリアは1883年より建設中で、どうしてそんなに長くかかっているかというと…

 

 

『神はお急ぎでない。』

 

 

だそうです………ナンダッテ(☼ Д ☼)